意外とのんびり仕事ができる警備スタッフのバイト!

警備の仕事にもいろいろな種類がある

夜のアルバイトで、その中でものんびりと働ける現場を探していると言う人は、ぜひとも警備会社のアルバイトを検討してみると良いでしょう。実は、警備会社の仕事は、簡単でのんびりと働ける現場が多いです。もちろん、場合によっては難しいところもあります。例えば、交通量の多い所で、道路交通誘導警備員として働く場合は、かなりの実力と経験が求められます。しかし、ビルの夜間警備等といった常駐警備の種類であれば、かなりのんびりとした現場になるでしょう。夜働くことになるので、ある意味では眠気との戦いになります。また、昼夜逆転になってしまうので、体調管理に関しても、ある程度気を遣っておくことが重要です。そこだけ気をつけておけば、割と気楽な仕事と言えるでしょう。

昼間の仕事に比べても時給が高い

しかも、昼間働く警備のアルバイトに比べれば、夜間の場合夜間手当がつくので、結局のところ給料が高くなる傾向にあります。現場によって時給の高さが異なるので、警備会社を選ぶ時点で、確認しておくのが基本中の基本と言えるでしょう。時給が高い方が、当然ながら仕事に対してのモチベーションを保ちやすくなります。基本的に、夜の22時以降からが、法律上給料の手当てがつくようになっているので、覚えておきたいところです。どのくらいの手当てをつけてくれるのか、その金額に関しても、当然ながら警備会社によって異なるでしょう。1つの警備会社だけですぐに結論を出さずに、いろいろな警備会社の求人情報の中身を確認して、比較してから冷静に判断し、面接に向かうことが大切です。